MIYAGI縲INTERNATIONAL縲ASSISTANCE縲ASSOCIATION

2006年6月28日 第24回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:120人の村人と236人の生徒
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 卵、ビスケットとバナナ


2006年6月23日 第23回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:108人の村人と228人の生徒
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 ビスケット、卵とりんご


2006年6月14日 第22回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:115人の村人と232人の生徒
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 チーズ、パンとジュース


2006年6月5日 第21回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:134人の村人と245人の生徒
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 ビスケット、卵とマンゴ


2006年6月25日 第20回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:126人の村人と218人の生徒
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 パン、卵とバナナ


2006年5月28日 第19回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:130人の村人と236人
生活改善プログラム   
Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 ジュース、ビスケットとりんご


2006年5月19日 第18回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 ジュース、ビスケットとりんご


2006年5月11日 第17回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:
生活改善プログラム 
 Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 ジュース、ビスケットとりんご



2006年4月16日 第16回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:110人
生活改善プログラム 
●下痢についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 りんご、たまご、ビスケット


2006年3月6日 第15回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:118人
生活改善プログラム 
●頭痛についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 パン、たまご、オレンジ

2006年2月19日 第14回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:110人
生活改善プログラム 
● Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 パン、たまご、ビスケット

2006年1月19日 第13回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:112人
生活改善プログラム 
●熱についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 りんご、たまご、ビスケット

2006年1月1日 第12回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:118人
生活改善プログラム 
● Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ビスケット

2005年12月18日 第11回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:158人
生活改善プログラム 
●喘息についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ビスケット

2005年12月2日 第10回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:  人
生活改善プログラム 
●眼(主に白内障)についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 りんご、たまご、ビスケット

2005年11月23日 第9回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:130人
生活改善プログラム 
●ハンセン病についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ドーナツ

Dr. Laxman Shrestha Date: 23 November,2005 Report on Health Awareness Program held at Lions Health Care Center, Kagati Village,Okharpauwa Village Development Committee,Nuwakot LEPROSY Leprosy is easily curable by multidrug antibiotic therapy. The main challenges in the eradication of disease is in reaching populations that have not yet received multidrug therapy services, improving detection of the disease, and providing patients with high-quality services and affordable drugs. The disease is caused by a mycobacterium which multiplies very slowly and mainly affects the skin, nerves, and mucous membranes. The organism has never been grown in bacteriologic media or cell culture, but has been grown in mouse foot pads and more recently in nine-banded armadillos. It is related to M. tuberculosis, the mycobacterium that causes tuberculosis. The difficulty in culturing the organism appears to be due to the fact that the organism is an obligate intra-cellular parasite that lacks many necessary genes for independent survival. This loss of genes is apparently also the reason for the extremely slow replication rate. This chronic infectious disease usually affects the skin and peripheral nerves but has a wide range of possible clinical manifestations. Nepal have intensified leprosy control activities. The families, who were historically ostracized from their communities, are encouraged to come forward and receive treatment. Today, diagnosis and treatment of leprosy is easy. Essential work is being carried out to integrate leprosy services into existing, general health services. This is especially important for communities at risk for leprosy, which are often the poorest of the poor and under-Served.

2005年11月4日 第8回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:98人
生活改善プログラム 
●結核についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 りんご、たまご、ビスケット

2005年10月23日 第7回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:146人
生活改善プログラム 
●歯の健康についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. (看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ビスケット

2005年9月30日 第6回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:206人
生活改善プログラム 
●保健についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 りんご、たまご、ドーナツ

2005年9月6日 第5回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:210人
生活改善プログラム 
●保健についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●石鹸の配布
●給食の配布 パン、りんご、ゆで卵

2005年8月26日 第4回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:196人
生活改善プログラム 
●保健についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ビスケット

2005年8月12日 第3回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:208人
生活改善プログラム 
●保健についてby Dr.Laxman Shrestha(医者)
Shovita Ghimire.  Sagir Uddin. Lab Technician(看護婦)
●給食の配布 バナナ、たまご、ビスケット



2005年7月30日 第2回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ      参加者:200人
生活改善プログラム 
●栄養がある食品 (食べ物)について by Dr.Laxman Shrestha(医者)
●子供用のワクチンについて by Mr.Upendra KuinkelUpendra Kuinkel,Village Health Worker
●女性が子供を生む時の注意 by Mrs.Nima Aryal、Mother Child Health Worker,
給食プログラムのメニュー: りんご、ケーキ、 たまご

2005年7月23日 第1回MIAAワークショップ in カガチ村
主催:宮城国際支援の会  援助団体:国際ボランティア貯金(日本郵政公社)
現地協力団体:ライオンズクラブスクンダ        参加者:210人
生活改善プログラム by Dr.Laxman Shrestha(医者)
@シャワーをあびる A爪をきる  B水はわかして飲む Cくつをはく など