第26回MIAA チャーターメンバー ネパール渡航議事録 .
平成21年10月25日
議事録作成人  鈴木 信
日 時 : 平成21年10月11日(日)〜10月19日(月)
渡航先 : タイ、ネパール 
渡航者 : 鈴木 信  
カトマンズ空港に到着するとかなり人が多く、空港は人がたくさんいた。ネパールは年間でもヒマラヤが綺麗に見える季節ということで、ちょうど韓国からチャーター便が来たのだという。入国ビザは、2009年10月1日から25ドルと有料となっていた。空港から直接トーロチトレ村へ向かう途中、TEKさんの娘さんの話となり、娘さん24歳は、MD・メディカルドクターとなり、今後、内科と眼科とかの専門医をめざすという。
 トーロチトレ村のマハカリ小学校は、内装が終わり今後旧校舎の修繕作業に入るということで順調に作業を行っていた。新設の校舎は、階段を作り、グランド整備と水道施設の蛇口部分を作るばかりとなっていた。

内装が終わり、外装に入るところまで作業は進んでいた。階段もこれから作り、今後は旧校舎の修繕に入る
Ramesh Tirasina 30歳、今後は彼が、写真等をMIAAへ送る 竹細工職人 パトン工場で12年 Birram Pahari ビラム君 28歳
カガチ村でのワークショップは実践的な収入向上計画を行うことにした。当分、専門に竹細工を作っている職人さんを派遣し、竹細工を作ることにする。
竹細工のワークショップへの参加者
1回目・・・男性8名
2回目・・・男性10名
3回目・・・10月13日男性15名+鈴木信

カガチ村では、男性は朝畑を耕してから暇になるという。 ナタと竹があればできる技術職である。ナタ250ルピー4本購入依頼した。 カガチ村には竹が豊富にあった。

カトマンズで販売されていた竹細工

2009年4月〜カガチ村の学校は、1年生〜10年生まで教えることができるようになった。しかも生徒数が激増し、660人となった。10時〜16時の授業で、学費はなく、月に2回の学校給食が非常に人気となっている効果が現れていた。
教師は14人になったが、右上写真の女性は、本年度カガチ村から教師試験に合格し、働き始めたカガチ村村民である。彼女に聞くと、小さいころから鈴木信を知っているという。支援も長くなると小さな子供も20歳となっていたことに気づいた。