宮城国際支援の会 2009年総会
日時:2009年4月2日 19:00〜
場所:リバティーワールド会議室
出席者:鈴木会長、佐藤喜市副会長、山本氏、三塚氏、橋浦氏、芦立氏、菊地氏
記録:橋浦宏
1) 会長あいさつ


2) 議事録作成人の指名・・・橋浦宏氏


3)タイ報告   
会長の代理で上田先生が渡航して下記の事項を調査打合せしてきた。
・受荷担当の確認と送り先の確認。
・車イス輸送に掛かる税金の対策。 ・税関対策(大阪バリアフリーネットワークの名称を使用する)。


4)ネパール状況報告   
・現地調達の物品についてスクンダの負担が多額になることで調整を続けてきたが、スクンダ側が負担を了解した為、学校改修事業(平成20年度国際ボランティア貯金事業)は続行することとなった。   
・スクンダのメンバーのプナムさんが急逝した。


5)車いす収集について    
本日の段階での数量 車イス92台 歩行器5台 ベビーカー2台 電動車いす7台 電動バイク1台 未回収13台    
4月22日コンテナ積込みの予定     
13:00〜15:00で手伝えるメンバーなるべく多くで積込みを行う。


6)平成19年度完了報告書作成について    
・6月末リミットで、タイ担当鈴木会長、ネパール担当佐藤雅彦副会長で現在作成中。


7)ゆうちょ銀行国際ボランティア貯金申請について(担当割)    
・申請時期が遅れるということなので、申請書が届きしだい対応する。


8)今後の渡航について   
 4月・・・鈴木会長、高橋先生(リハビリ専門学校)  27日出発予定 ネパール渡航   
 6月・・・鈴木会長、菊地君  タイ渡航   
 8月・・・鈴木会長、     ネパール渡航         
上田先生、馬渕さん タイ渡航 ※ メンバーで他に渡航を希望する人がいれば早めに連絡する。


9)上田先生のタイ事業について   
上田先生が毎年タイに子供達(中高生)を連れて行っている事業で、本年は車イスを陸路ラオスに運搬する事業がある。この事業にMIAAも参加する案が出ているが、5月末をリミットにメンバーの参加・不参加を調べ、新規事業として取組むか否か決定する。 以上