2008年4月・MIAA定例会 議事録

議事録作成人 鈴木 信
日  時   平成20年4月30日(水)19:00〜
場  所   MIAA事務局(リバティーワールド内)
出席者:鈴木会長、佐藤喜市副会長、佐藤雅彦副会長、山本氏、芦立氏、三塚氏、橋浦氏 小堤氏、渡部氏
記録:橋浦
議事
1, 会長挨拶


2, 議事
1) 国際ボランティア貯金平成19年度(ネパール事業)
・学校落成セレモニー・・・カガチ村の中学校が完成 鈴木会長、山本財務が出席予定。現地日本大使館、JICAも招待予定。 (内容についてはスクンダでセッティング)

2) 国際ボランティア貯金平成19年度下期(ネパール事業)について 7月1日〜9ヶ月
・概ね例年通りの内容・・・医師、看護士、技師の給与、学校給食、ワークショップの開催など
・今年度新規事業として散髪事業を加えた

3)国際ボランティア貯金平成19年度下期(タイ事業)について
4月の鈴木会長の渡航、打合せの結果 ・不足分の補填について、ナンスクール50%(およそ150万円)、DIP50%と割 合が決定。 ・今回の配分金387万円の内、300万円をタイに送金。
・円レート送金システム(日本人が現地で換金するレートで日本の銀行からバンコクバン クに送金し換金できる)を利用して送金する。手数料6500円と725円は当会負担。
・次回渡航(5月8日)の際、大下さんと打合せの上、バンコクバンクの口座から現地建 設会社に工事代金の一部300万円(第一回)を振込む予定。
・上田先生に外部協力者として、配分金の渡航費を利用して渡航してもらう必要がでてく る。

4)11月タイ渡航について
・次回は9月1日出発で鈴木会長と渡部氏がネパール、タイ渡航の予定。
・タイ事業の落成式が11月頃の予定になると思われるので、是非その際は多くのメンバー渡航のもと盛大に祝いたい。
5)配分金請求書の分割請求について

・今回のタイ事業は金額が大きい為なのか、必要な時期に配分されるという分割配分にな る見通し。
・会計的には非常に繁雑になるが、あらかじめ十分な準備をして財務担当を中心に対応していく必要がある。
6)宮城県の車椅子メーカーの支援活動について

・仙台の車椅子メーカーが使用済みの車椅子を無償で当会に払い下げてくれる可能性がある。それらに当会で手を加えて資金の一部に充てることも将来的に可能かも知れない。


3,閉会