日時:平成20年3月26日(水)  19:00〜
場所:MIAA事務局(リバティーワールド内)
出席者:鈴木会長、佐藤喜市副会長、佐藤雅彦副会長、山本氏、芦立氏、三塚氏、橋浦氏 小堤氏、渡部氏
記録:橋浦
1, 会長挨拶

2, 議事
1) 19年度国際ボランティア貯金(19年7月1日〜20年6月30日)の集計について
・最後の渡航を残して領収書が揃ったので橋浦監事に資料を渡します。次回までまとめてきて欲しい。

2)19年度国際ボランティア貯金第三回渡航報告について ・別途報告書参照(三塚氏作成)

3)20年度ネパール事業について
・平成19年度下期(4月1日〜3月31日)国際ボランティア貯金の事業として承認を得た。
・ネパール事業(7月1日〜3月31日)・・平成19年度(〜6月30)の継続の為 事業費およそ400万円の内334.7万円が配分 (不足分は自己負担分としてスクンダが負担)
・タイ事業(4月1日〜3月31日) 事業費およそ1600万円の内1286.2万円が配分 (不足分は自己負担分としてDIPとナンスクールで案分負担の予定)

4)20年度タイ障害者支援事業について
・4月2日鈴木会長が打合せの為、渡航の予定。
・自己負担金はおよそ300万円で、DPIが150万円、ナンスクール(学校)が150万円を負担の予定。
・タイにお金を持ち込む際に、換金レートが国内とタイと違うので、どこで換金するかを安全面も考慮して検討する必要がある。
・着工はMIAA、大阪バリアフリーネットワーク(上田代表)、DPI、ナンスクール、外務省で正式契約書を締結した後、完成は8月末予定。

5)5月ネパール渡航者に関して ・鈴木会長、山本財務が渡航の予定。

6)松稜小学校2008年1月募金報告
・浄財4,557と、ノートなどの文房具を頂戴しました。文房具は2月のネパール渡航の際に現地に持込み、カガチ村の小学校で配布させて頂きました。

7)募金活動について
・タイ事業の自己負担金不足金で不足が出る可能性があると聞きいた大阪の学校の先生達が、大阪で目標50万円で募金活動をする。収益金は全額MIAAを通して不足金に充当する予定。

8)塩釜JC例会について
・4月16日の塩釜JC例会(新入会員入会式例会)に講師として鈴木会長が招かれているので、MIAAメンバーも多数出席して欲しい。
・MIAAの生業なども含め、団体のPR、新規会員の拡大に繋がる講演をする予定。

3,閉会