MIAA9月定例会議議事録
日時:2008年9月25日 19:00〜
場所:リバティーワールド会議室
出席者:鈴木会長、佐藤喜市副会長、佐藤雅彦副会長、山本氏、三塚氏、小堤氏、芦立氏、橋浦氏
記録:橋浦宏
1) 会長あいさつ

2) 参加者自己紹介

3) 議事録作成人の指名・・・橋浦宏氏

4) 9月渡航報告 鈴木会長より報告(別紙報告書参照)

5)19年度下期国際ボランティア貯金の進行・状況   
*中間報告書タイ、ネパール提出の件(9月末時点)   
*ネパール報告 メンバーが渡航した際には、散髪事業など予定通り消化している状況である。 現地スタッフのみでの事業開催が確実に行われているか検証する必要もある。   
*タイ報告について 10月渡航の予定なので、その後に報告を行う。   
*21年2月渡航者について    佐藤雅彦副会長小堤氏から三塚氏に変更   
*オープニングセレモニーの件    2月5日出発 参加者として鈴木会長の他、橋浦氏、芦立氏の両氏を軸に調整中

6)20年度国際ボランティア貯金について
  申請案について   
*タイ申請    上田先生を事業パートナーとして現在進行中。    申請書は現在準備中   
*ネパール申請    トウロチトレ村の学校建設を中心に予算規模が大きくなっている。   
*21年ネパール渡航予定者について    今までと目先を変え、サポーターメンバーを中心に調整したい。

7)NGO相談会の結果について  
 以下のような内容について説明を受けたり、アドバイスを受けたりしたが、時間を掛けて検討する必要があると感じた。  
 1・他団体の活動状況調査について   予算規模だけをみればMIAAは東北のNGOで第三位になっている。  2・資金源と運営方法について  
 3・MIAAの企業会員募集の可能性について  
 4・MIAAの法人化のメリットと将来について  
 5・MIAA企業会員募集と事務所新設案について    申請受付団体あり
 6・ 法人申請について
  メンバーの意見   仕事量が増えるので専門の事務局員を配置する必要がある。
  企業協賛を受ける為には、営業も必要になる。(企業の寄付金控除)
  メリットがどの程度なのかまだよくわからない。 
   具体的にどの程度仕事量が増えるかわからないと判断しかねる。
  趣味・興味が長じて始まった会のそもそもを考えると、身の丈にあったことと言えるか。
  今まで通り自由な活動を続ける為には、任意団体の現状のままが良いのでは。
・・・いますぐ法人化に取り組むのではなく、各自法人化のメリット、デメリットを勉強する。その上で再度検討する。   

8)11月1日活動報告会について    
*郵政助成金申請について・・・橋浦氏担当    
*広報活動
   ・国際センター(チラシ配布)・・・小堤氏担当
   ・東北福祉大学(チラシ配布)五十嵐氏に依頼・・・鈴木会長担当
   ・宮城学院大学(チラシ配布)・・・佐藤喜市副会長担当
    ・東北学院大学
    その他掲示板     ダイレクトメール・・・鈴木信200通    
*市民活動サポートセンター212-30105F交流サロン写真展示及びホネプロ活用
    事務用ブース来年1月募集・4u、7000円/月 9時〜21時まで・・・小堤氏担当    
*多賀城市民活動センター写真展示、チラシ配布・・・橋浦氏担当
  ※これら以外に有効と思われる広報策をみんなで検討して会長にそれぞれ報告する。    
*当日の予定・・・来月の定例会で詳細を決定    
*当日の担当分担・・司会(橋浦氏)、写真展示(鈴木会長・佐藤雅彦副会長) パソコン設定(鈴木会長)、受付(全員)    
*紅茶(チャイ)の配布・・・佐藤雅彦副会長担当    
*民族楽器展示・・・佐藤喜市副会長担当    
*カレンダー、ヒマラヤ絵画チャリティーについて・・・鈴木会長担当

9)11月活動報告会予算及び印刷物配布について  *印刷代15000円分印刷済み    
*昨年度の配布箇所への担当分担    
*掲示板写真用紙2400円、インクジェットハガキ200枚1万円、会場費     チャイ原材料費、カレンダー、ネパールティ60個、ヒマラヤ絵画、額作成費、     駐車場、当日昼食費

10)サポーター募集の方法に関して    *MIAAサポーターの現状・・・6〜7名 10月4日にサポーター会議を開催の予定 11)車いす収集開始の件   宮城県内で不要になった車いす(壊れたものでも可)の収集 ・・・来年のMIAAの重要事業になる。   各自のネットワークを利用して収集の方法を検討して欲しい。   目標台数・・・22台   この件については、国際ボランティア貯金がおりなくても上田先生を通して事業化出来るので、収集は進める。    *養護学校、高橋教諭    *社会福祉協議会    *大学生などの協力者    *車いす事業に興味がある教諭    *利府の先生・・JICA阿部さんから連絡済み    *車椅子のダイレクトメールの予算(新たな申請を検討)    *佐藤雅彦副会長問い合わせの件    *産業廃物処理場にお願いする。    *行政団体にお願いする。    *新聞に活動を記載してもらう。    *車椅子収集用のチラシを作成する。・・・鈴木会長担当   ※来月定例会でさらに検討。

12)ネパールエイズ孤児支援について・・・今後の課題
   *新たな申請を検討    *掲示板への募金募集

13)ゆうちょ銀行新規申請について
   詳細な内容がわかりしだい検討する。

14)JICAデスク阿部氏交代 ・・・10月末までなので後任の方と良好な関係を構築する必要がある。

15)福島県めがね補聴器センター内山様氏より依頼
   ・・・ネパールにめがねを運んでもらいたい。

16)利府小中学校の会・・JICAデスク経由

17)10月4日(土曜日)18時〜サポーター会議開催    ・・・11月1日事業報告会の集客を検討する。

18)メーリングリスト整理について
miaamail@miyagi-net.org・・チャーターメンバー及び塩釜JC関係者サポーター
miaasp@miyagi-net.org・・MIAA新規サポーター(安達さん等)

19)今後の申請について
  「チャリティープラットホーム」から申請の案内がきた。年間500万円の援助が可能。団体について更に調査・勉強が必要。