【報告書】仙台市立松稜小学校訪問
熱心に質問する子どもたち
■実施日時 平成18年11月15日 (水)10:30〜12:00・・・(3校時)
■実施場所 仙台市立松稜小学校 音楽室
■参 加 者 鈴木信、佐藤喜市、小堤隆 (計3名出席)
■報告書作成人 鈴木信

1) 開会
2) 先生の挨拶。
3) 鈴木会長より挨拶及びMIAAメンバーの紹介
4) 2005年度MIAA活動報告DVD発表、DVD補足説明(会長)、
5) 質問タイム
6) 児童代表の挨拶
7) 閉会

■報 告  
 松陵小学校は毎年訪問し、今年は1月にDVD上映会と3月の渡航前に募金や文房具の寄付を預かりに訪問した。全校児童数79名の小さな小学校である。
10:45からの総合学習の授業を前に、校長室にて簡単な打合せを行った。
全校児童を前に、DVD上映及び補足説明と進んだ。その後、前回預かった募金やノートと鉛筆が、ネパールでどのように使われているのかを、実際の写真を使って説明した。今年の新入生を除いては、このボランティア活動に参加したということになる。自分達が寄せた物を手にし、喜んでいる現地の子供達を、写真を通して見るというのは、感慨深いものがあるであろう。その後、ヒマラヤの岩塩について説明し、実際その塊を児童それぞれに手にしてもらった。質問タイムでは、佐藤喜市副会長が回答をした。
 今年も、「ネパール募金」(給食募金、ノート、ボールペン)を行って頂くこととなった。3月の渡航の前に、同校で授与式を行い、佐藤副会長渡航時に持参する予定である。
松陵小学校の児童による絵や、寄贈されたノート及び鉛筆。(2006年2月)