【報告書】仙台市立松稜小学校訪問

廊下に貼られたネパールの写真
熱心に聞く子どもたち

DVD上映

会長の挨拶
■実施日時 平成18年1月18日 (水)10:30〜12:00・・・(3校時)
■実施場所 仙台市立松稜小学校 音楽室
■参 加 者 鈴木信、佐藤喜市、佐藤雅彦、小堤隆、鈴木郁子、 松本匡平 (計6名出席)
■報告書作成人 鈴木郁子

1) 開会
2) 校長先生の挨拶。
3) 鈴木会長より挨拶及びMIAAメンバーの紹介
4) 2005年度MIAA活動報告DVD発表、DVD補足説明(会長)、11月渡航感想発表(松本)
5) 質問タイム
6) 児童代表の挨拶
7) 閉会

■報 告  
 松陵小学校は例年訪問し、今年は全校児童数79名の小さな小学校である。
10:45からの総合学習の授業を前に、校長室にて簡単な打合せを行った。
全校児童を前に、試写を兼ねた初めてのDVD上映ということであったが、音声が割れて聞きづらい状態であった。画像は順調だったので、調査の結果、スピーカーがマイク用であったことが考えられる。非常に残念であったが、今後の発表会に向けては反省材料となった。例年とは異なり、DVDの動く画像での発表からか、加えて音声のトラブルもあったせいか、いつもより高学年児童の質問が少なかったような気がするが、様々な質問を受け、佐藤喜市副会長が回答をした。
 トラブルはあったが、児童たちの目に現地の映像がどのように映ったか、感想が楽しみである。会長より、DVDの補足説明を行った。貧しさという面では特に、時間的にも構成的にも上映のみでは伝えきれない部分がある為である。また、児童の寄付がどのように活用されているかの説明も行った。

←感想発表(松本)。↑募金のポスター
 11月渡航代表として、松本が発表を行った。教育学部学生であり、且つ教員となる彼の目線からの感想は、今までとはまた違った意味で、新鮮でよかったのではないだろうか。
今後の予定として、「ネパール募金」1/20〜1/27(給食募金、ノート、ボールペン)を行って頂くこととなった。2月の渡航の前に、同校で授与式を行い、佐藤副会長渡航時に持参する予定となった。