第5回 MIAA合同会議 議事録
平成15年9月30日 議事録作成人 佐藤 知樹
日時  平成15年9月29日(月)19:30〜22:30
場所  鰍ワるいちリバティーワールド
出 席 者  鈴木信、佐藤喜市、佐藤雅彦、矢部亨、橋浦宏、小堤隆、芦立健、佐藤知樹 (計9名出席)
欠 席 者  鈴木貴資

(会長挨拶) 草の根無償資金協力事業の決算を終わらせる。 カガチ村支援の今後については、今がこれからにとって最も重要な時期である。
議  事 1.JICA申請書の件
JICA申請書のたたき台 → 矢部事務局長による説明 →たたき台のミスを修正し、追加事項を書き加えた形でJICAへ提出する。
矢部事務局長により加工、全員へ配信     →小堤申請チーフより直接JICA川澄氏へ提出(想いを伝える)
2.草の根無償資金決算の件
会長と山本財務により、P/L作成→回覧 → 当計算書をこのまま提出
3. 11月車イスの件、ならびに、10.今後の車イスの件
岩手県社福には、もう一台のみ車椅子アリ。また、工業高校にて製作中。 次回11月渡航においては再度2〜3台を予定。
4@.ネパール・オープニングセレモニー費用分担の件
セレモニー費用は15万円。 → 草の根資金からは出せないと決定。 大々的なものではなく、関係者のみで行う。
4A.11月日程の件 渡航スケジュールについて会長より説明。さまざまな変更点アリ。 後ほど会長よりメールにて連絡。
5.学校給食の件
8月渡航にて会長が5万円立て替え。当5万円についてはJCにて検討中。 もうひとつの外部団体との擦り合わせも必要である。
6.ポカラの水道タンクについて
水道タンクについても継続の要請があるが、上記5と同じ理由により検討。
7.会費納入の件
現在9万円アリ。用途は今後検討していく。
8.新規会員募集の件
現在の10名に新規メンバーを増やすべきなのかどうか。
(山本)以前話し合って、このままと決定したのでは?
(会長)JICAが絡んできたこともあり、再度検討を。 改めて賛助会員のようなメンバーを受け入れるかどうか。 →希望者は現在数名いる。
■「賛助会員」を受け入れるか?     賛助会員ではなく「寄付者(匿名OK)」とする。   
会費(寄付金)を頂き、事業運営に当てる。 →用途をHP上等でお知らせする。   (決定)寄付金は「1口1,000円」とする。
9.岩塩販売報告の件
ひとつ2,000円にて各自清算のこと(山本財務担当) 販売金額は全額寄付する
11.メディアへの広報の件
河北新報に「病院建設完了」の記事掲載決定。(矢部)他紙にも依頼する。
12.10月5日パネルディスカッション(雅彦副会長担当)について 雅彦副会長より説明
◆ところ AERセミナーホール  13:30〜16:00
第一部にて中村氏による公演 第二部にて雅彦副会長参加のパネルディスカッション。
(14:40〜) その後MIAとの懇親会は雅彦・山本・健の4名にて参加確定 ※会長も間に合えば参加予定 (その他事項)
 ★添付資料「カトマンズ通信」について喜市副会長より説明   自立支援に関して参考となるネパールでの農業等に関する記事